勤怠管理ツールとして活躍を続けるタイムレコーダー

勤怠管理ツールとして活躍を続けるタイムレコーダー

かつては多くの職場で使われていたタイムレコーダーですが、現在も勤怠管理のためのツールとして活用され続けています。

タイムレコーダーは出勤時間や退社時間を専用のカードに印字する仕組みのため、きちんと勤怠管理ができ、また超過勤務の実績なども確認することができます。

最近ではこうした危機に代わって、個々の社員がIDカード所持し、入退室の際にそのカードを専用のツールにかざして勤怠管理を行うなど、他の方法による出勤・退社管理が行われているところも増えてきました。



けれどもタイムレコーダーによる勤怠管理は専用のシステムの構築なども不要のため、多くの費用がかからず、職員の入れ替わりが多い職場などでは現在も主流となっています。

タイムレコーダーの便利な情報を集めたサイトです。

実際に出勤・退社した時間が専用のカードに印字されるため、勤怠管理を行う際にはそうした情報を転記・管理する必要がありますが、すべて手作業で行わなければならないため、人数が多い場合には多くの時間を要することになります。

タイムカードの問題点としては、なりすまりが可能なことが挙げられます。

NAVERまとめの情報を多数ご用意したサイトです。

たとえ本人がその場にいなくとも、誰でもが他人のカードに印字することができるため、実際には勤務していないのにもかかわらず、出勤したかのように見せかけることもできます。

他の勤怠管理の方法も使われるようになりましたが、タイムカードの利点は専用のカードへの印字を行うことで公平な勤怠管理ができることに加えて、専用のシステムの構築などが不要なため、少ない費用で運用することができることといえるでしょう。

Copyright (C) 2016 勤怠管理ツールとして活躍を続けるタイムレコーダー All Rights Reserved.