勤怠管理システム導入のメリット

勤怠管理システム導入のメリット

勤怠管理は、従業員の給与計算や労働時間などの把握のためには、大変重要なデータです。従来のタイムカードによる勤怠管理は、各自が打刻するため、不正があったりまた打刻忘れなどがあるため、集計するのに大変な労力を要するものです。



特に毎月の給与計算は、手作業でデータ入力していくため、コストと手間がかかりますし、何よりも手動による入力ミスモスクなくありません。これを勤怠管理システムに移行することで、入出勤のデータが自動的に集計されるため、入力ミスもなくなり、なによりも入力作業の時間や人件費を削減することができます。

その削減できた人材を別の業務に就けることができますから、業務の効率化をはかる上で、大きなメリットとなります。



勤怠管理システムは、リアルタイムで従業員の勤務時間などをチェックすることができるため、どの部署がどの仕事をし、どれだけの時間をかけているか、またどの程度の人員が必要なのかを即座にチェックすることができます。

今すぐ見つかるAll Aboutの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

そのため、業務の無駄をはかり効率よく適材適所を配置することができます。

また従来のタイムカードによる給与計算には、労働基準法や時間外労働、休日出勤の計算、有給休暇など、さまざまな労働条件の内容を熟知した者しか携わることができませんでしたが、システムを利用すれば、必要な条件を設定しておくことで、自動的に計算し、労働時間をオーバーした場合などにはアラームが鳴るように設定もできるので、大変便利に利用することができます。


Copyright (C) 2016 勤怠管理システム導入のメリット All Rights Reserved.