タイムカードと勤怠管理について

タイムカードと勤怠管理について

勤怠管理は給料計算を行う上で重要な管理項目の一つになります。
給料と言うのは使用者と従業員の間で契約を交わし、基本給や職能給、残業手当などの合計額で給料が支払われる事になりますが、基本給と言うのは1日の労働時間を満たしている事が重要となり、そのための勤怠管理を行う必要が在ります。

タイムカードの勤怠管理に関する情報を公開中です。

また、勤怠管理を行う上で欠かせないのがタイムカードであり、従業員は出社時と退社時の2度タイムカードに時間の記録を残すことが勤怠管理には必要なります。



尚、残業時間は基本給とは別に支払い義務が在る時間帯であり、タイムカードに記録されている時間をチェックして1か月間の残業時間の集計をしていく必要が在ります。
因みに、6時から残業開始となる会社の場合、午後10時までは通常残業、10時を超える場合には深夜残業の扱いになり、15分単位で残業をつけると言った場合にはタイムカードに記録されている時間をチェックし、午後10時超えた分については別途集計をしていく事が必要になります。

また、1か月間の残業時間が多い事で労働者の負担も多くなるため、勤怠管理は時間の管理だけではなく従業員の負担を軽減する目的でも必要なる管理項目です。


尚、遅刻や早退と言った場合にはタイムカードに記録を行うと同時に、書類の提出などを行って勤怠をチェックする仕組みを取り入れる事が大切であり、会社によっては残業における時間外勤務の申請などを義務付けている所も在ります。

知って納得のGirls Channelに関するご案内です。

Copyright (C) 2016 タイムカードと勤怠管理について All Rights Reserved.